• 外野手過多のレッズ 強打のアキーノが故障者リストから復帰

     日本時間6月14日、レッズは左手有鉤骨の骨折で故障者リスト入りしていたアリスティデス・アキーノの戦列復帰を発表した。今季のレッズは正右翼手ニック・カステヤーノスと正左翼手ジェシー・ウィンカーが首位打者争いを繰り広げ、マイナー契約で加入したタイラー・ネークインもチーム最多打点を叩き出す活躍で正中堅手の座を確保。3年契約の2年目を迎えた秋山翔吾がなかなか出場機会を確保できないほど外野手の層は厚い。戦列復帰したアキーノをどのように起用していくのだろうか。

     現在27歳のアキーノは2018年にメジャーデビューを果たして1打席だけ出場したが、本格的なメジャーデビューとなったのは2019年。この年は8月にメジャー昇格を果たすと29試合で打率.320、14本塁打、33打点、OPS1.158の猛打を見せ、月間最優秀選手と月間最優秀新人をダブル受賞した。シーズン通算でも56試合で19本塁打を放ったが、昨季はカステヤーノスと秋山の加入もあって出場機会が激減。今季もベンチ要員という立場になっている。

     デービッド・ベル監督はアキーノの起用法について「これまでと同様の形になるが、彼は準備を怠ってはいけない。スタメン出場する機会もあるだろう」とコメント。「今後数日のスタメンはまだ決めていないが、左腕が何人か出てくる。そこでスタメン出場することになるかもしれない。ベンチスタートが多くなると思うが、スタメン出場しない日は重要な場面で(代打として)打席に立つことになるだろう」と具体的な起用法にも言及した。

     ベルは「彼は走れるし、守備も上手い。まだまだシーズンは長いから彼にも出場機会があるだろう」と語り、アキーノの打撃以外のツールにも一定の評価を与えている。なお、レッズはアキーノの戦列復帰に伴ってマーク・ペイトンをAAA級ルイビルに降格させ、左膝の手術で離脱しているニック・センゼルを10日間の故障者リストから60日間の故障者リストに移している。今後は秋山、アキーノ、スコット・ハイネマンの3人が控え外野手として出場機会を争うことになりそうだ。

    引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

  • レッズ・グリーンがAAA級昇格 2017年全体2位指名の有望株

     メジャーリーグ公式サイトでレッズを担当するマーク・シェルドン記者によると、レッズの球団内2位の有望株であるハンター・グリーンがAA級チャタヌーガからAAA級ルイビルへ昇格することが決定したようだ。日本時間6月15日もしくは16日にAAA級への昇格が正式発表される見込みとなっており、ロイヤルズ傘下AAA級オマハとの6連戦のどこかで先発予定。2017年ドラフト全体2位で指名された有望株がまた一歩、メジャーの舞台に近付いた。

     現在21歳のグリーンは「MLBパイプライン」によるプロスペクト・ランキングで球団2位・全体57位にランクインしている有望株。今季はAA級ルイビルで開幕を迎え、7試合に先発して41イニングを投げ、5勝0敗、防御率1.98、奪三振60、与四球14、被本塁打2、WHIP1.00と素晴らしい成績を残している。現時点での最終登板である日本時間6月12日のマーリンズ傘下AA級ペンサコーラとの試合では最速102マイルを計測し、6回2安打無失点の好投で勝利投手となった。

     自身のツイッターに「素晴らしい経験をさせてくれたこと、僕の面倒を見てくれたことについて、チャタヌーガの全ての人々に感謝したい」と記したグリーンは前回登板の試合後、「僕が今、集中して取り組んでいるのは2番目の球種を向上させることだ。チェンジアップを信頼してもっと頻繁に投げられるようにしたい。スライダーも完璧に仕上げてどんなカウント、どんな状況でも投げられるようにしたい」と自身の課題について語っている。

     ドラフト時は二刀流選手としても注目されたグリーンだが、プロ入り後は投手に専念。プロ2年目の2018年に右肘の内側側副靭帯を痛め、2019年4月にはトミー・ジョン手術を受けた。今春はメジャーのオープン戦で初登板し、最初の3球がスピードガンで101、102、103マイルを計測。速球のスピードは申し分ないだけに、課題の変化球を向上させることができれば、今季中のメジャー昇格も見えてくるだろう。

    引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

  • 岩渕真奈1G2A、18歳木下桃香が代表初ゴール!なでしこジャパンが難敵メキシコに5発白星

     13日に国際親善試合が開催し、なでしこジャパンがメキシコ女子代表とカンセキスタジアムとちぎで相対した。

    岩渕真奈が強豪アーセナルに移籍!来季は欧州最高の舞台CLに臨む「よろしくお願いします!」

     先日のウクライナ戦では8発大勝とこの上ない結果を残したなでしこジャパン。今試合でも田中美南のシュートがポストを直撃するなど、得点の匂いを漂わせる。すると36分に華麗なボール回しから林穂之香がスルーパスを供給。ペナルティエリア内に進入した岩渕真奈が右足で冷静に流し込み、なでしこジャパンが先にスコアを動かす。

    【クイズ】ベスト16の敢闘賞!フランスW杯なでしこジャパンのメンバーは?

     なでしこジャパンはエンドが変わりさらにギアを上げ、後半開始早々46分に田中が追加点をゲット。メキシコに1点を返されるものの、直後に籾木結花がネットを揺らす。さらに選手を入れ替えながら畳み掛け、73分に途中出場の18歳木下桃香が代表初ゴールをゲット。87分には遠藤純がダメ押し弾を挙げ、なでしこジャパンが5-1でメキシコに大勝した。

    Photo Masterpress編集部 N

- Latest Video

- MLB

  • 外野手過多のレッズ 強打のアキーノが故障者リストから復帰

     日本時間6月14日、レッズは左手有鉤骨の骨折で故障者リスト入りしていたアリスティデス・アキーノの戦列復帰を発表した。今季のレッズは正右翼手ニック・カステヤーノスと正左翼手ジェシー・ウィンカーが首位打者争いを繰り広げ、マイナー契約で加入したタイラー・ネークインもチーム最多打点を叩き出す活躍で正中堅手の座を確保。3年契約の2年目を迎えた秋山翔吾がなかなか出場機会を確保できないほど外野手の層は厚い。戦列復帰したアキーノをどのように起用していくのだろうか。

     現在27歳のアキーノは2018年にメジャーデビューを果たして1打席だけ出場したが、本格的なメジャーデビューとなったのは2019年。この年は8月にメジャー昇格を果たすと29試合で打率.320、14本塁打、33打点、OPS1.158の猛打を見せ、月間最優秀選手と月間最優秀新人をダブル受賞した。シーズン通算でも56試合で19本塁打を放ったが、昨季はカステヤーノスと秋山の加入もあって出場機会が激減。今季もベンチ要員という立場になっている。

     デービッド・ベル監督はアキーノの起用法について「これまでと同様の形になるが、彼は準備を怠ってはいけない。スタメン出場する機会もあるだろう」とコメント。「今後数日のスタメンはまだ決めていないが、左腕が何人か出てくる。そこでスタメン出場することになるかもしれない。ベンチスタートが多くなると思うが、スタメン出場しない日は重要な場面で(代打として)打席に立つことになるだろう」と具体的な起用法にも言及した。

     ベルは「彼は走れるし、守備も上手い。まだまだシーズンは長いから彼にも出場機会があるだろう」と語り、アキーノの打撃以外のツールにも一定の評価を与えている。なお、レッズはアキーノの戦列復帰に伴ってマーク・ペイトンをAAA級ルイビルに降格させ、左膝の手術で離脱しているニック・センゼルを10日間の故障者リストから60日間の故障者リストに移している。今後は秋山、アキーノ、スコット・ハイネマンの3人が控え外野手として出場機会を争うことになりそうだ。

    引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

  • レッズ・グリーンがAAA級昇格 2017年全体2位指名の有望株

     メジャーリーグ公式サイトでレッズを担当するマーク・シェルドン記者によると、レッズの球団内2位の有望株であるハンター・グリーンがAA級チャタヌーガからAAA級ルイビルへ昇格することが決定したようだ。日本時間6月15日もしくは16日にAAA級への昇格が正式発表される見込みとなっており、ロイヤルズ傘下AAA級オマハとの6連戦のどこかで先発予定。2017年ドラフト全体2位で指名された有望株がまた一歩、メジャーの舞台に近付いた。

     現在21歳のグリーンは「MLBパイプライン」によるプロスペクト・ランキングで球団2位・全体57位にランクインしている有望株。今季はAA級ルイビルで開幕を迎え、7試合に先発して41イニングを投げ、5勝0敗、防御率1.98、奪三振60、与四球14、被本塁打2、WHIP1.00と素晴らしい成績を残している。現時点での最終登板である日本時間6月12日のマーリンズ傘下AA級ペンサコーラとの試合では最速102マイルを計測し、6回2安打無失点の好投で勝利投手となった。

     自身のツイッターに「素晴らしい経験をさせてくれたこと、僕の面倒を見てくれたことについて、チャタヌーガの全ての人々に感謝したい」と記したグリーンは前回登板の試合後、「僕が今、集中して取り組んでいるのは2番目の球種を向上させることだ。チェンジアップを信頼してもっと頻繁に投げられるようにしたい。スライダーも完璧に仕上げてどんなカウント、どんな状況でも投げられるようにしたい」と自身の課題について語っている。

     ドラフト時は二刀流選手としても注目されたグリーンだが、プロ入り後は投手に専念。プロ2年目の2018年に右肘の内側側副靭帯を痛め、2019年4月にはトミー・ジョン手術を受けた。今春はメジャーのオープン戦で初登板し、最初の3球がスピードガンで101、102、103マイルを計測。速球のスピードは申し分ないだけに、課題の変化球を向上させることができれば、今季中のメジャー昇格も見えてくるだろう。

    引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

  • 球宴ファン投票の第1回中間発表は日本時間15日 大谷翔平に注目

     メジャーリーグ公式サイトによると、日本時間6月15日にオールスター・ゲームのファン投票の第1回中間発表が行われるようだ。日本人選手では大谷翔平(エンゼルス)がアメリカン・リーグの指名打者部門でノミネート。投打にわたる「二刀流」の大活躍で日本のみならずアメリカ国内でも大きな注目を集める存在となっており、オールスター・ゲームのファン投票でも多くの票を獲得することが予想される。指名打者部門1位のみならず、全体1位の可能性もありそうだ。

     大谷は今季ここまで打者として59試合に出場して打率.270、17本塁打、45打点、9盗塁、OPS.966を記録。本塁打とOPSでリーグ2位、打点と盗塁でリーグ7位タイにランクインしているほか、15二塁打はリーグ10位タイ、長打率.611はリーグ2位、長打35本はリーグ1位タイと多くの部門でリーグ上位に名を連ねている。打者としての成績だけを見ても、十分にオールスター・ゲーム選出に値する数字をマークしている。

     指名打者部門で大谷のライバルになる可能性があるのはJ・D・マルティネス(レッドソックス)だろう。今季ここまで59試合に出場して打率.311、13本塁打、41打点、OPS.929を記録。打率は大谷を大きく上回っている。しかし、他の部門では軒並み大谷がマルティネスを上回る数字を残しており、「二刀流」のインパクトを考えても、ファン投票で大谷がマルティネスの後塵を拝することは考えにくい。

     マルティネス以外にも、ミゲル・カブレラ(タイガース)、ネルソン・クルーズ(ツインズ)、ジャンカルロ・スタントン(ヤンキース)といったビッグネームがノミネートされているが、いずれも大谷からファン投票1位を奪うほどの成績ではない。ヨーダン・アルバレス(アストロズ)、オースティン・メドウズ(レイズ)、ヤーミン・メルセデス(ホワイトソックス)らもトップ5に名を連ねる可能性はあっても、大谷やマルティネスより上位に行くのは難しいだろう。

     オールスター・ゲームのファン投票は日本時間6月25日まで第1ラウンドが行われ、各ポジションの上位3名(外野は9名)が第2ラウンドに進出。第2ラウンドで1位(外野は上位3人)となった選手がオールスター・ゲームのスタメンに名を連ねることになる。

    引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

- Premier League

  • マディソンがFAカップ初優勝を祝福!自身の足に記念タトゥーを彫る

     レスター・シティのジェームズ・マディソンは、FAカップ優勝を記念して新しいタトゥーを彫ったようだ。

    レスターがFAカップ初優勝!ティーレマンスの鮮やかミドルでチェルシーに完封勝利!

     FAカップ決勝でチェルシーと対戦したレスターは、スコアレスで折り返した63分にユーリ・ティーレマンスの鮮やかミドルで先制点をゲット。このゴールが決勝点となり、レスターが1-0でFAカップ初優勝を成し遂げた。途中出場で優勝に貢献した24歳マディソンは歴史的瞬間を刻むため、有名彫り師のデイル・マクガバン氏にタトゥーを依頼。聖地ウェンブリー・スタジアムのピッチでトロフィーの横にサッカーボールを持った若き日のマディソンが描かれており、”Dreams really do come true “というフレーズが添えられた。自身のSNSで写真を投稿していて、Instagramでは15時間で6.5万のいいねが届いている。

     Photo Marc Atkins編集部 N

  • コンテ、トッテナムのオファーを拒否した理由明かす「金銭面ではなく…」

     アントニオ・コンテは、トッテナム・ホットスパーからのオファーを拒否した理由を明かした。

    トッテナムがコンテ招聘を画策も… 監督トップクラスの高額サラリーがネックに

     インテルを電撃退任したコンテは、ジョゼ・モウリーニョ監督の後任としてトッテナム監督就任が間近に迫っていたが、金銭的な条件が合わず交渉は決裂。しかしコンテは、話し合いが中断したのはトッテナムのプロジェクトと未来へのビジョンが合わなかったからだと、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で語った。

    トッテナム、前ローマ監督のフォンセカと交渉

    「市場や達成された結果、何年にもわたって行われてきた仕事が数字に表れるんだ。しかしそれ以上に言わせてもらえば、もし問題が執着や金銭面だったら私は留まってただろう。妥協を受け入れ、金の傘になるような契約をしていたかも知れない。しかしそうではなく、プロジェクトをみて納得すればいても良いと思えるんだ。それはビジョン、真剣さ、誠実さ、そして逸脱しないルールの問題なんだ」。

    Photo Marco Luzzani編集部 N

  • 今夏移籍が囁かれるギュンドアン マンCは放出の意思なし

     マンチェスター・シティは今夏の移籍が囁かれるイルカイ・ギュンドアンの残留を主張した。

    リフレッシュ図るマンC グリーリッシュ獲得でB・シウバ放出を検討

     30歳ギュンドアンはマンCと2年の契約を残していて、更新の話し合いはEURO2020以降に行われる予定。今夏移籍の噂が伝えられており、中盤の補強を目指すバルセロナが獲得を狙っている。しかしイギリスメディア『skysports』は、マンCはギュンドアンを売却する予定はないと報道。ギュンドアンもマンチェスターの生活に満足していて、新契約を望んでいると報じた。ギュンドアンは2016年に就任したジョゼップ・グアルディオラ監督が初めて獲得した選手で、今シーズンは攻撃的な役割を任され得点力が爆発。13ゴールを叩き出し、チームトップスコアラーとなった。

    Photo BSR Agency編集部 N

さらに見る

- Bundes

さらに見る

- La Liga

さらに見る

- Serie A

さらに見る

- Ligue 1

さらに見る