UEFAがESL構想3クラブへの懲戒手続きを中断 来季CL出場可能に

 欧州サッカー連盟(UEFA)は、レアル・マドリード、バルセロナ、ユベントスへの懲戒手続きを中断すると発表した。

レアル、バルサ、ユーベ、ESL構想から撤退しない場合2シーズンのCL出場禁止に

 3クラブは欧州スーパーリーグ(ESL)創設を表明してから未だ離脱を表明しておらず、UEFAは懲戒手続きを開始。他9クラブと結んだ「クラブ・コミットメント宣言」にサインしなかった場合、2シーズンのチャンピオンズリーグ出場禁止処分を検討していた。そんな中UEFA執行委員会は声明で、裁判所から追って通知があるまで手続きを停止するとアナウンス。これはESL主催者が裁判所に提出した差し止め命令を受けてのもので、UEFAが許可なく3クラブを制裁した場合は処罰が下る模様。UEFAは判決を不服として控訴する可能性が高いが、今後の動きについては明言を避けている。

Photo Visionhaus
編集部 N