オランダがウクライナとの打ち合いを制す!オーストリアは終盤に勝ち越し初戦白星

 13日にEURO2020グループC第1戦が行われ、オランダがウクライナと対戦。オーストリアが北マケドニアと激突した。

【EURO展望:グループC】オレンジ軍団の逆襲開始!ファン・ダイク不在も首位通過は濃厚

オランダ vs ウクライナ
 スコアレスで折り返したオランダは、52分にジョルジニオ・ヴァイナルダムが先制点をゲット。6分後にはヴォウト・ヴェフホルストが追加点を奪取する。ところがその後ウクライナの猛攻に遭い、75分から4分間で立て続けに失点を喫してしまう。このまま引き分けかに見えた85分、デンゼム・ドゥムフリースが値千金のヘディング弾を獲得。オランダが3-2で劇的勝利を手にした。

オランダ代表ファン・デベークが負傷でEURO欠場に…追加招集はなし

オーストリア vs 北マケドニア
 グループステージ突破に向け初戦を制したいオーストリアは、18分に先制点を叩き出すものの、すぐに北マケドニアに追い付かれてしまう。それでも終始ゲームを優位に進めると、78分にダビド・アラバが送ったクロスをミヒャエル・グレゴリチュが合わせて勝ち越し。試合終了間際にはマルコ・アルナウトビッチがネットを揺らし、オーストリアが3-1で北マケドニアを下した。

Photo Koen van Weel – Pool
編集部 N

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる