35歳ヤングが10年ぶりアストン・ビラ復帰!「代理人にすぐ契約してくれって…」

 インテルを退団したアシェリー・ヤングは、フリートランスファーで古巣アストン・ビラ復帰が決定した。

 来月36歳になるヤングは2020-21シーズンいっぱいでインテルとの契約が満了となり、今月で退団が決定。ワトフォードやバーンリーと交渉したヤングは、最終的にビラと1年契約を結び、さらに1年の延長オプションが付随しているようだ。ヤングは2007年から4年半に渡ってビラに在籍し、200試合近くに出場。イングランドではプレミアリーグやFAカップ、リーグカップ制覇を経験した。ヤングは『VillaTV』のインタビューに応じ、「戻って来れたのは素晴らしい事だし、まるで離れていなかったように感じるよ」と喜びを語っている。

インテル退団のヤング、古巣ビラ復帰の可能性が浮上

「僕がいた頃と比べてクラブがどれだけ進化しているか分かるし、今は仕事に打ち込む準備をしているところだよ。ビラが興味を示していると聞いた時は、代理人に直接“何としても契約を成立させてくれ”と言ったね。彼らが昨シーズンどれだけ上手くいっていたかは、遠くから見ていた。選手たちがスタッフや監督のためにプレーしたいと思っていること、彼らにはハングリー精神があり、欲望があり、勝利へのメンタリティがある。そして僕にも勝利へのメンタリティがあると思っているよ」。

Photo Jamie McDonald

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる