イングランドとスコットランドの英国対決はスコアレス クロアチアはペリシッチ弾で意地のドロー

 EURO2020グループD第2戦が18日に開催され、イングランドがスコットランドが対戦。クロアチアがチェコと激突した。

ガスコイン、髪型をオマージュしたフォデンとの比較を嫌う「酒を飲んでても俺の方が上手い」

イングランド vs スコットランド
 EUROでは25年ぶりに実現したイギリス勢対決は、ジョン・ストーンズのヘディングシュートがポストに直撃するなどイングランドが攻勢に出る。最前線を務めるハリー・ケインを中心にメイソン・マウントやラヒーム・スターリングがチャンスを創出するも、スコットランドの懸命な守備で1点が遠い。結局最後まで得点が生まれず、注目の一戦はスコアレスドローに終わった。

ベストゴール候補の45m超ロングシュート!シック「前半から狙ってた」

クロアチア vs チェコ
 グループステージ初勝利を目指すクロアチアは、37分に好調パトリック・シックのPK弾でチェコに先制点を喫してしまう。追いかける立場となったクロアチアは後半開始早々の47分、素早いリスタートからイバン・ペリシッチが左サイドからペナルティエリア内に進入。右足を振り抜きスコアをタイに戻す。少ないチャンスをモノにしたクロアチアが、辛くもドローに持ち込んだ。

Photo Laurence Griffiths

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる