ナ軍・シュワーバーが3本塁打 2戦5発はMLBタイ記録

【メッツ2-5ナショナルズ】@ナショナルズ・パーク

 ナショナルズは前日の試合で2本塁打を放ったカイル・シュワーバーが1回裏の16号先頭打者アーチを含む3本塁打の大暴れ。チームの5得点のうち4点(16号ソロ、17号ソロ、18号2ラン)を1人で叩き出し、2連勝とメッツ4連戦の勝ち越しに大きく貢献した。シュワーバーは1番打者として起用されるようになってから11試合で9本塁打と絶好調。2試合5本塁打はメジャータイ記録である。

 シュワーバーの先頭打者アーチで先制したナショナルズは、2回表にケビン・ピラーの6号ソロで同点に追い付かれたが、3回裏にジョシュ・ベルが勝ち越しタイムリー。5回裏にはシュワーバーに17号ソロが飛び出し、リードを2点に広げた。7回表にピート・アロンゾの11号ソロで1点差に詰め寄られたが、7回裏にシュワーバーが勝利を決定付ける18号2ラン。この3点のリードを3番手タナー・レイニーから4番手ブラッド・ハンドへつなぐリレーで守り抜いた。

 1試合3本塁打はナショナルズが誕生した2005年以降、球団史上3人目の快挙(2017年4月30日のアンソニー・レンドン以来)。また、ナショナルズの1番打者による1試合3本塁打は2006年4月21日のアルフォンゾ・ソリアーノに次ぐ球団史上2人目の快挙である。なお、2試合5本塁打のメジャータイ記録を達成するのは昨年8月21~22日のホゼ・アブレイユ(ホワイトソックス)以来だが、ナショナルズでは2015年5月6~8日のブライス・ハーパー以来6年ぶり、球団史上2人目の快挙となった。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる