イングランド、UEFAが指定した警備チームを解雇 バス到着時に警備スタッフ不在の手配ミス

 イングランド代表はEURO開催期間中に、欧州サッカー連盟(UEFA)が指定した警備スタッフを解雇した。

イングランドがEURO優勝すれば全員金髪に⁉︎ フォデンが仲間との約束を明かす「みんな同じ髪型でトロフィーを…」

 事の発端はクロアチアとの開幕戦前夜、イングランド代表がロンドンのホテルに到着した際50人以上のサポーターがチームバスに押し寄せる。通常ならUEFAが手配した警備スタッフが対応に当たる筈だったが、その場に警備員が不在だったためバスから降りた選手にファンが数メートルまで近づく事態に。近くにいたFAの警備員が辛うじて阻止したことで惨事には至らなかったものの、これがきっかけとなりイングランド代表はUEFAが手配したスタッフの解雇を申請。またイングランド代表が宿泊するホテルが公になったため、今後は警備体制を強化していく方針だ。尚、今回の一件についてUEFAからの声明はまだない。

Photo Chloe Knott – Danehouse

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる