バイエルンがハーランド獲りを画策!レバンドフスキ残留の場合もオファー提示へ

 バイエルン・ミュンヘンはロベルト・レバンドフスキの後釜として、ボルシア・ドルトムントのアーリング・ハーランドを狙っているようだ。

ハーランドがド派手なオフを満喫!F1モナコGPをヨットで観戦

 32歳レバンドフスキは今夏、7年過ごしたバイエルンを移籍する噂が浮上している。2022年夏に最終年を迎え、延長の交渉はほとんど進展していない。そんな中ドイツ紙『Bild』によると、バイエルンが来夏ハーランド獲得に動くと報道。仮にレバンドフスキが残留となっても、長期的なプランとしてオファーを提示すると伝えた。

レバンドフスキ、今後数年の過密日程に警告「選手はロボットじゃない」

一方でレバンドフスキは、先日チェルシーとの接触があった報じられた件を問われ、「僕はオープンマインドだよ」と回答。「バイエルンではとてもいい気分だし、街は最高で素晴らしいクラブだ。常に新しい言語や文化への勉強に興味はあるけど、それがサッカーでなのかキャリア後の話かは、僕にも分からない」と語っている。

Photo Alexander Hassenstein

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる