ディアスはミラン残留かレアル帰還か…すべてはアンチェロッティ監督次第に

 ブラヒム・ディアスがレアル・マドリードに復帰するかは、カルロ・アンチェロッティ新監督の手に委ねられているようだ。

W杯王者フランスが2戦連続3ゴール快勝!急遽U-21主体で臨んだスペインは4発でリトアニア撃破

 21歳ディアスはレアルと2025年まで契約を残しているが、来シーズンスペインに戻るかは決まっていない。2020-21シーズンはミランにレンタルで加入し、公式戦39試合に出場して7ゴール4アシストを記録。ミランは完全移籍に必要な金額は支払えないものの、買い取りオプション付きでもう1シーズンのレンタルを望んでいる。

今季ミランに加入したディアス 今なお君臨するイブラヒモビッチに驚嘆「父親ぐらいの年齢だけど…」

 来シーズンの去就はアンチェロッティの判断に委ねられており、別のポジションでスカッドを埋めるため放出を容認する可能性も。現在休暇中のディアスは将来について問われ、「レアルとミランは素晴らしいクラブだけど、今は将来について何も考えていない」と言及。「これまで経験してきたこと全てに感謝している。レアルでは幸せだったし、ミランでは目標を達成できた。今後何が起きるかは分からない」と伝えている。

Photo Jonathan Moscrop

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる