ウーデゴーがレアル帰還を明言!アーセナル残留は実質消滅に「マドリードでのプレーが僕の夢」

 ノルウェー代表のマーティン・ウーデゴーはレアル・マドリード帰還を明言し、アーセナル残留は実質消滅となった。

レアルが大幅なプラン変更⁉︎ ウーデゴー以外のレンタル組を全員売却か

 22歳ウーデゴーは2020-21シーズン、レアルで9試合に出場し1月の移籍市場でアーセナルにレンタルで加入。UEFAヨーロッパリーグやプレミアリーグでピッチに立ち20試合1ゴール2アシストを記録した。来シーズンもアーセナルでレンタル移籍延長が囁かれていたウーデゴーは、ノルウェー『TV2』のインタビューで「僕はレアルの選手で、1週間半後にはクラブに帰らなければならない」とコメント。「レアルは僕が戻ってくることを望んでいて、プレシーズンが始まればそこに行かなければならない。僕の夢は常にレアルでプレーする事で、もう6年以上クラブに在籍しているけど、常にそれが目標だよ」と復帰を伝えている。

Photo Pool

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる