トッテナムがブライトン監督に関心示すも…高額な違約金発生で契約は困難か

 トッテナム・ホットスパーは新監督候補に、ブライトン&ホーヴ・アルビオンのグレアム・ポッターをピックアップしている。

まるでハリー・ポッター⁉ ブライトン監督が顔に負った大きな傷が話題に

 46歳ポッターは2019年5月にブライトン監督に就任すると、これまで85試合を指揮。2シーズン連続でプレミアリーグ残留を果たし、クラブから高い評価を得ている。そんな中、新しい指揮官を探すトッテナムがポッターに接触。ただポッターはマンチェスター・シティやリバプールといった“ビッグ4”での指導を夢に持ち、加えてブライトンと2025年まで契約を残しているため1500万ポンド(約23億円)の高額な違約金が発生。トッテナムが合意に至るまでには、困難なハードルを乗り越える必要があるようだ。4月にジョゼ・モウリーニョを解任してから監督探しを続けるトッテナムは、いったい誰が新指揮官となるだろうか。

Photo Mike Hewitt

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる