ディアスが来季もミランにレンタルへ!買い取りOP付きの契約でレアルと合意

 U-21スペイン代表ブラヒム・ディアスは、ACミランへのレンタル移籍が間近に近づいている。

ディアスはミラン残留かレアル帰還か…すべてはアンチェロッティ監督次第に

 ミランは21歳ディアスともう1シーズンのローン延長を望んでおり、レアル・マドリードにレンタル料200~300万ユーロ(約3~4億円)を支払う模様。契約には2200万ユーロ(約29億円)の買い取りオプションが含まれていて、ミランがOPを行使した場合レアルは2700万ユーロ(約32億円)の買い戻し条項を有するようだ。2019年1月にマンチェスター・シティからレアルに移籍したディアスは、プレー機会を求め2020-21シーズンにミランにレンタル移籍。公式戦39試合に出場して7ゴールを4アシストを記録し、ジュゼッペ・メアッツァで信頼を勝ち取った。

Photo Emilio Andreoli

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる