“ショベルト・カルロス”を本人が公認⁉︎ R・カルロスがショーを絶賛「トップになれる」

 ロベルト・カルロスはイングランド代表ルーク・ショーに感銘を受け、トップになるための要素を持っていると語った。

“ショベルト・カルロス”爆誕⁉ ショー、左SBのレジェンドと比較され「笑うしかないよ」

 マンチェスター・ユナイテッドで充実した日々を過ごすショーは、イングランド代表でも存在感を発揮。EURO2020準々決勝ウクライナ戦では2アシストを記録し、4発快勝に大きく貢献した。左サイドバックで活躍していることで、SNSでは「ショベルト・カルロス」とレジェンドの名前をもじったニックネームが流行。主将ハリー・ケインもこのニックネームで呼んでいて、R・カルロスはショーのInstagramに反応し、拍手の絵文字を送るなど称賛している。

「彼がやる気に満ちているのがわかる。本当に良くなってきているし、ウクライナ戦でのパフォーマンスは見事だった。彼は他の選手と共にイングランドで重要な役割を担っているね。試合ごとに成長していて、トップになるための全てを持っていると思う。イングランド代表の左サイドバックであり、それが全てを物語っているね」。

「比較されるのは好きではないけど、サッカー異なる2つの世界でプレーしている。私には私の時代が、彼には彼の時代がある。似ているのは、私と同じように強さと勝利への願望があると言うことだ」。

Photo Robin Jones

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる