シンガポールの19歳男性、ブライトンFWに殺害予告で有罪判決…イギリス国外で初の事例に

 シンガポールの19歳青年はブライトン&ホーヴ・アルビオンのニール・モパイに殺害予告を送ったとして、9ヶ月の保護観察命令を受けた。

モラタ妻が殺害予告の被害に…SNSで対策求める「許される行為ではない」

 19歳デレク・ウン・デ・レン氏は2020年6月に行われたプレミアリーグのブライトンとアーセナルの試合後、シンガポールからInstagramでモパイに脅迫や罵倒のメッセージを送った模様。今試合ではモパイが決勝ゴールを挙げてアーセナルを下しており、激高したデ・レン氏は殺人予告を伝えていた。その後プレミアリーグとシンガポール当局による共同捜査の結果、今年初めに逮捕され9ヶ月の保護観察命令に。プレミア選手を罵倒したとして有罪判決となった、イギリス国外で初の事例となった。プレミアリーグは2020年6月にオンライン虐待報告システムを立ち上げ、SNS上で差別的虐待を受けた際は発信者を特定できるようになっている。

Photo Pool

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる