“誇り高き敗者”デンマーク代表、空港でファンに万雷の拍手で迎えられる

 EURO2020で惜しくも準決勝で敗退したデンマーク代表は、コペンハーゲンの空港でサポーターに英雄的な歓迎を受けた。

スターリングのPK時ボールが2つあった⁉ 疑惑の判定にデンマーク代表監督は激怒「あと一歩だったのに…」

 グループステージでクリスティアン・エリクセンが心臓発作で倒れ、開幕2連敗と苦境に立たされたデンマーク。それでもその後チームが固い絆で結ばれると、決勝トーナメントでウェールズやチェコを撃破。準決勝で延長戦の末イングランドに敗れたものの、ベスト4フィニッシュの大健闘を見せた。するとデンマーク代表の選手たちがコペンハーゲンの空港に到着した際、多くのファンに万雷の拍手で迎えられる。多くの選手が目に涙を浮かべながらファンに応え、キャスパー・ヒュルマン監督も涙ながらに感謝を伝えた。

「サポーターに会えて嬉しい。オンラインではこの感動はなかった。これが私たちなりの感謝の気持ちだ。EUROでは力強い経験をしてきたけど、今また泣いてしまったよ。私たちは2つのことを続けていく。一つは勝ちたいということ。もう少しの所で負けてしまったから、腹立たしいしがっかりしている。もう一つはチームを鼓舞して団結すること。私たちはこれを続けていくよ。みんなの応援に感謝している。この応援がなければ、私たちは馬に乗って立ち上がることはできなかっただろう。最後に国民のみんなに拍手を送りたい」。

Photo Paul Ellis – Pool

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる