ヴェッラッティ、イングランドの“疑惑のPK判定”に言及「寛大なペナルティ」

 イタリア代表のマルコ・ヴェッラッティは、イングランドとデンマークの一戦で起きた“疑惑のPK判定”に言及した。

スターリングのPK時ボールが2つあった⁉ 疑惑の判定にデンマーク代表監督は激怒「あと一歩だったのに…」

 イングランドはEURO準決勝でデンマークと激突し、1-1で延長戦に突入。すると102分にラヒーム・スターリングがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得し、最終的にハリー・ケインが逆転弾を挙げイングランドがEURO初の決勝進出を果たした。しかしスターリングのPKの場面では2つの目のボールがピッチに入っており、プレーを中断すべきだったとの声が上がる。記者会見に出席したヴェッラッティはPK判定に関して問われ、「少し寛大なPKだったけど、サッカー界ではよくある事だ」と語った。

「イングランドは素晴らしい仕事をしたと思う。失点は一つだけでとても強固だし、素晴らしい選手たちが揃った決勝進出に相応しいチームだと思う。どちらにせよ歴史に残るような素晴らしい決勝戦になると思うよ。EUROで優勝するのは僕たちにとっての夢。だけど僕たちは皆プロの選手で、ファンが詰めかけたスタジアムでプレーする意味を知っている。イタリアとイギリスの試合は常に大きな試合だ。当然僕たちは全力を尽くすつもりだよ」。

Photo Laurence Griffiths

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる