ウォーカーとペラルタが代替選手としてオールスターに追加選出

 日本時間7月10日、タイワン・ウォーカー(メッツ)とフレディ・ペラルタ(ブリュワーズ)の両右腕が代替選手としてオールスター・ゲームに追加選出されたことが明らかになった。ペラルタは同僚のブランドン・ウッドラフが前半戦の最終戦に先発予定のため、ウッドラフの代わりにオールスター・ゲームのメンバー入りしたことが報じられている。一方のウォーカーは、同僚のジェイコブ・デグロムが出場辞退の意思を明言しており、デグロムの代わりとして選出されたとみられる。

 現在28歳のウォーカーは、今季メッツで16試合に先発して90イニングを投げ、7勝3敗、防御率2.50、89奪三振の好成績をマーク。メッツは両リーグトップの先発防御率2.97を記録しているが、ウォーカーはデグロム、マーカス・ストローマンとともに強力な先発3本柱を形成している。デグロムは出場辞退の意思を明言した際、「彼はオールスター・ゲームのメンバーに相応しい」とウォーカーの追加選出をプッシュしていた。

 現在25歳のペラルタは、メジャー4年目にして飛躍のシーズンを迎え、今季ブリュワーズで17試合(うち16先発)に登板して93イニングを投げ、7勝3敗、防御率2.23、129奪三振の好成績をマーク。ウッドラフ、コービン・バーンズとともに形成する先発3本柱は「メジャー最高」との呼び声も高い。ウッドラフの代替選手としてペラルタが選出され、メジャー最高の先発3本柱が揃ってオールスター・ゲーム選出を果たすことになった。

 なお、ナ・リーグの先発投手では、ダルビッシュ有(パドレス)も腰と臀部の張りで登板不可とみられており、ケビン・ゴーズマン(ジャイアンツ)はウッドラフ同様、前半戦の最終戦に先発予定。これにより、選手間投票で選出された5人(デグロム、ゴーズマン、ウッドラフ、バーンズ、ダルビッシュ)のうち4人がオールスター・ゲームを欠場する可能性が高い。よって、「開幕から58奪三振連続無四球」というメジャー新記録を樹立したバーンズがオールスター先発の大役を担うことになるかもしれない。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版し、同年からライター業をスタート。現在はウェブや雑誌でMLBの記事を執筆する傍らSPOZONEのMLB中継で解説も務める。

目次
閉じる