EURO決勝の主審は口が悪い?過去にはヴェッラッティに暴言も…「クソ野郎って言われた」

 EURO2020決勝で笛を吹くビョルン・カイペルス主審は、マルコ・ヴェッラッティと少なくない因縁がある。

主審がPSGの選手に暴言?ポチェティーノ監督はUEFAに調査を要求

 カイペルス主審は世界で最も裕福なレフェリーと言われており、母国オランダでスーパーマーケットのチェーン店を経営。1150万ユーロ(約16億1000万円)の財を築いたとして有名だ。そんなカイペルス主審は世界の大物選手と数々の衝突があることで知られていて、イタリア代表ヴェッラッティとも因縁が存在する。

 5月に行われたUEFAチャンピオンズリーグ準決勝パリ・サンジェルマンとマンチェスター・シティの一戦では、試合後PSGの選手がカイペルス主審から暴言を受けたと主張。ヴェッラッティは、「彼は試合中、僕に2回も“ファックユー”と言ってきたよ。ピッチではよく主審と話すけど、そんなこと言われた事ない」と語っている。さらにリオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドとの衝突も知られていて、EURO決勝をカイペルス主審が担当するのはイタリアファンを不安にさせるだろう。

Photo Laurence Griffiths

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる