55年ぶりの主要タイトル獲得へ!サウスゲート監督「準備はできている」

 イングランド代表ガレス・サウスゲート監督は、「トロフィーを持ち帰りたい」と55年ぶりにメジャータイトル獲得に意気込んだ。

【EURO決勝プレビュー】対戦成績ではイタリアが優位!聖地ウェンブリーでカップを掲げるのは…

 準決勝でデンマークとの延長戦を制し、EURO初のファイナル進出を果たしたイングランド。55年前に優勝したFIFAワールドカップと同じ聖地ウェンブリー・スタジアムを舞台にした決勝戦で、サウスゲート監督は「国民の期待に応える準備はできている」と語った。「私たちは勝つために決勝戦まで来たんだ。エリザベス女王とボリス・ジョンソン首相からも素晴らしい手紙を受け取ったよ。全てが重要で、私たちがどんな人々の代表なのか、レガシーがそこにあると感じれて嬉しいよ」。

 またサウスゲート監督と同様に試合前会見に出席した主将ハリー・ケインは、大会当初から掲げていたEURO初優勝を目指すと決意を示した。「僕らは優勝を目指してこの大会をスタートさせたし、明日の夜にはそのチャンスがある。イギリスのファンにとって、この大会がどれほど大きな意味を持つか知っているから、彼らを代表して参加しているのを誇りに思う。明日の夜は彼らにも誇ってもらいたいね」。

Photo Frank Augstein – Pool

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる