冨安はトッテナム移籍を希望か アーセナルは争奪戦から撤退の意向

 ボローニャの冨安健洋はトッテナム・ホットスパー移籍を望んでおり、クラブは獲得レースでリードしているようだ。

冨安健洋を巡り“ノースロンドン・ダービー”勃発!新監督が獲得熱望するトッテナムがリードか

 トッテナムは今月初めに、移籍金1500万ユーロ(約20億円)にボーナス300万ユーロ(約4億円)が付随した総額1800万ユーロ(約24億円)のオファーを提示。ボローニャは最低でも2000万ユーロ(約26億円)を求めているため失敗に終わったものの、未だ獲得に興味を持っている。またイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、冨安はトッテナム加入を希望していると言及。一方で競合していたアーセナルは、獲得レースから撤退の方針だと伝えている。さらにロマーノ氏はアタランタも関心を寄せていて、UEFAチャンピオンズリーグに臨むなら選択する可能性もあると話した。

 Photo Masashi Hara

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる