マンUとヴァランヌの交渉が本格化! 個人合意が間近に迫る

 マンチェスター・ユナイテッドはレアル・マドリードに許可を得て、ラファエル・ヴァランヌ獲得に向けて交渉を進めている。

マンUがヴァランヌ獲得に本腰 今夏オファー提示へ

 ヴァランヌと個人条件の面で合意に至れば、移籍金に関してレアルと話し合いを始める見込み。ヴァランヌはレアルとの契約期間が1年を切っており、マンUは来年1月に自由交渉できる事を踏まえなるべく安い移籍金での契約を目指している。またマンUは2015年にセルヒオ・ラモスにオファーを提示した際に契約を急いで頓挫した経験があるため、ヴァランヌとの話し合いは慎重な姿勢だ。マンUは今夏の移籍市場で積極補強を進めており、ボルシア・ドルトムントのジェイドン・サンチョを獲得。プレミアリーグ覇権奪還を目論むマンUが、更なるビッグディールを実現させそうだ。

 Photo Denis Doyle

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる