人種差別被害に遭ったラッシュフォード、SNSで力強いメッセージ「僕はマーカス・ラッシュフォード。23歳黒人男性だ」

 イングランド代表マーカス・ラッシュフォードはEURO決勝でのPK失敗を謝罪し、人種差別被害に徹底抗戦の構えを見せた。

イングランド代表選手が人種差別の被害に…ジョンソン英首相は怒りの声明「恥ずべき行為。彼らは英雄だ」

 ラッシュフォードやジェイドン・サンチョ、ブカヨ・サカはPK戦を失敗したあと、SNSで人種差別の被害に遭う。イングランドサッカー協会(FA)は「嫌悪すべき行為」と遺憾の意を示し、イングランド代表ガレス・サウスゲート監督も「代表チームが示してきた価値観や一体感に対するアンチテーゼだ」と人種差別行為を非難した。そんな中ラッシュフォードもTwitterで人種差別に反応し、「PKは十分ではなかった。入るべきだったと思う。だが僕が何者でどこから来たかは決して謝らない」と伝えている。

「どこから手を付けていいか分からないし、今の気持ちをどう言葉にしていいのかも分からない。難しいシーズンを過ごしてきたのかは明らかで、おそらく自信を失った状態で決勝に臨んだ。僕はいつもPKを蹴ることを支持してきたけど、何かが上手くいかなかった。ボールを蹴った瞬間が何度も頭の中で再生されるけど、この気持ちを表現する言葉がない。決勝戦。55年ぶり。1つのPK。歴史に残る。残念としか言いようがない。違う結果になっていたらよかったのに」。

「申し訳ないと思う一方で、チームメイトにはエールを送りたい。今年の夏は僕が経験した中で最高のキャンプの1つになったし、それはみんなのおかげだ。兄弟の様な関係は決して崩れることはない。そしてSNS上ではより多くの応援メッセージを読めるスポーツになってきた。胸に3つのライオンをつけて、何万人もの観衆の中で家族が応援してくれるのは、これほど誇らしいことはない。みんなの声援が僕を支えてくれる。僕はマーカス・ラッシュフォード。23歳黒人男性で、南マンチェスターのウィジントンとウィゼンショウウ出身だ。僕はもっと強くなって戻ってくる」。

Photo Paul Ellis – Pool

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる