パレス、ヴィエラ新体制で補強第1号 19歳レディングMFと5年契約締結

 クリスタル・パレスは今夏レディングのマイケル・オリーズを獲得し、パトリック・ヴィエラ新体制最初の補強となった。

ヴィエラが3年契約でパレス新監督に就任!アーセナルの英雄がロンドンに帰還

 今月初めにヴィエラ新監督が就任したパレスは、早速新戦力の補強に成功。移籍金800万ポンド(約12億円)で19歳オリーズと5年契約を結び、背番号は7番に決定した。チェルシー下部組織出身のオリーズは、17歳の時にレディングでトップチームデビューを果たし初年度で22試合に出場。右サイドやトップ下でのプレーを得意とし、昨シーズンは公式戦46試合で19ゴールを記録してEFLチャンピオンシップでヤング・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーとチーム・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。パレスのスティーブ・パリッシュ会長は、「彼は豊かな才能を持っていて、サポーターを興奮させると確信している」と語っている。

Photo Catherine Ivill

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる