グリーリッシュ、SNSでPK戦の非難に反論「僕は蹴りたいって言った!」

 イングランド代表ジャック・グリーリッシュは、EURO決勝イタリア戦のPK戦で自身も蹴りたかったと主張した。

闘将キーンがPK失敗のサカを擁護 キッカー託した先輩選手には苦言「率先するべきだった」

 EURO決勝は1-1で120分では決着がつかず、勝負の行方はPK戦に委ねられる。ガレス・サウスゲート代表監督は延長戦終了間際に、PK要員のマーカス・ラッシュフォードとジェイドン・サンチョを投入したが、PK戦ではいずれも失敗。5人目のブカヨ・サカもセーブされてしまい、PKスコア2-3で優勝を逃した。試合後ロイ・キーン氏はサカを擁護し、PKを蹴らなかった先輩選手に苦言を呈する。「シャイな19歳を自分の前に立たせてはいけない。スターリングやグリーリッシュが若い子が蹴るのに座っているわけにはいかないだろう」と語った。

 するとグリーリッシュはキーンの主張に対し、Twitterで「僕は1本蹴りたいって言ったんだ!!!!。ガファーは今大会で多くの正しい判断を下してきたし、今夜だってそうだった!」と投稿。「でも人に言われたくないね。僕はPKを取りたいと言ったのに、蹴らなかった言われても困るよ…」と伝えている。

 Photo Laurence Griffiths

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる