ジョルジーニョがユベントス移籍か 代理人が関心認める「適切なオファーが来れば…」

 ジョルジーニョの代理人ジョアン・サントス氏はユベントス移籍の噂を認め、チェルシーを去る可能性を示唆した。

イタリアが53年ぶり2回目のEURO優勝!イングランドとのPK戦に及ぶ死闘を制す!

 29歳ジョルジーニョは今夏の移籍市場で、ユーベやヨーロッパの強豪クラブから関心の噂が浮上。サントス氏はイタリア『Calciomercato』のインタビューに応じ、「確認した。強豪クラブの関心は到着している。もちろんジョルジーニョはヨーロッパの全てのトップクラブで活躍できるし、適切なオファーが来れば耳を傾けるだろう」と認めた。一方でサントス氏はジョルジーニョとチェルシーは残り2年の契約を残しており、契約期間を見届けたいと言及。「彼は2年契約を残し、全てはクラブの手に委ねられている。FIFAクラブワールドカップやUEFAスーパーカップはサッカー選手にとって重要な目標だ。現時点では来シーズンもチェルシーでプレーするだろう」と語っている。

Photo Claudio Villa

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる