バッジョ、ファン・バステン、ベッカム…主要大会で起きた衝撃的なPK失敗5選

 ブカヨ・サカ、ジェイドン・サンチョ、マーカス・ラッシュフォードの3人は、EURO2020決勝イタリア戦でPKを失敗したが、決して落胆してはいけない。バロンドーラーやゴールデンボーイ、さらにはアメリカの歌手まで、彼はいい仲間に恵まれているのだ。ここでは主要大会で起きた最も衝撃的なPKを紹介する。

痛恨のPK3人連続失敗に終わったイングランド…サウスゲート監督は選手を擁護「順番を決めた私の責任」

キリアン・エムバペ
 今夏のEUROではPK戦がいかに残酷かを目の当たりにして来たが、スイス戦ではフランスのスターであるエムバペが犠牲となった。ラウンド16で5人目のキッカーを担当すると、GKヤン・ゾマーにセーブされフランス敗退が決定。エムバペは国民に向けて謝罪し、悔しさを滲ませた。

マルコ・ファン・バステン
 その4年前、オランダのストライカーであるファン・バステンはEURO88優勝に貢献したヒーローだった。しかしEURO92準決勝デンマーク戦でPKを任された、ピーター・シュマイケルに止められてしまう。世界最高のフットボーラーと称えられた英雄だったが、この試合では心痛める瞬間となった。

デイビッド・ベッカム
 舞台は2004年のポルトガルで、ホスト国との対戦では2-2の延長戦の末恐るべきPK戦が待っていた。最初に登場したイングランド代表主将ベッカムは、キックの瞬間に軸足がずれボールがあらぬ方向へ飛んでしまう。それまで主要大会で2度PKを外していたベッカムは、自身のキャリアにまた一つ数字増えた瞬間だった。

ロベルト・バッジョ
 神々しいポニーテールは1994年のワールドカップで何度もチームの窮地を救った。すで大会5ゴールを決めていたバッジョは、PK戦で12ヤードから放つシュートは決して難しくないはずだった。しかしボールはバーを越えてしまい、ブラジルにトロフィーを献上。そしてバッジョは、「PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持った者だけだ」と現在まで語り継がれる名言を残した。

ダイアナ・ロス
 1994年のワールドカップは、PK失敗で始まりPKで終わったというのは皮肉な話である。歌手のダイアナ・ロスは開会式でパフォーマンスを務めると、PKスポットに置いてあるボールを蹴り、劇的なゴールで派手に盛り上がる演出だった。ところがダイアナのシュートは枠を捉えきれず、会場がどよめく中別れたゴールの後ろのステージに駆け上がり、ヒット曲「I’m Coming Out」を歌い続けた。

Photo Robert Daemmrich Photography Inc

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる