ルイ・パトリシオがローマに完全移籍!ウルヴスは後釜にオリンピアコスGK獲得迫る

 ポルトガル代表ルイ・パトリシオはASローマの完全移籍が完了。ウォルバーハンプトンは後釜にジョゼ・サ獲得が迫っている。

ローマがルイ・パトリシオに関心 敏腕代理人メンデス介して既に個人合意か

 パトリシオはローマが移籍金1025万ポンド(約15億円)を支払うことでウルヴスと合意に達し、同郷ジョゼ・モウリーニョと共に仕事をすることに。パトリシオは2018年にスポルティングからモリノー・スタジアムに到着し、100試合以上プレー。ウルブスのスポーツディレクターを務めるスコット・セラーズ氏は、「私たちが近年の歴史の中で最も成功した時にその一役を担ってくれた。ルイがしてきた全ての事に感謝し、ローマでの幸運を祈っている」と語った。またウルヴスはGK後釜に、オリンピアコスのサ獲得が間近に迫る。移籍金は685万ポンド(約10億円)で締結となりそうだ。

Photo Fabio Rossi

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる