スールシャール、PK失敗のラッシュフォードへの信頼揺るがず「キッカーを務めた時点で勝者」

 マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、EURO2020決勝でPKを失敗したマーカス・ラッシュフォードへの信頼を強調した。

人種差別被害に遭ったラッシュフォード、SNSで力強いメッセージ「僕はマーカス・ラッシュフォード。23歳黒人男性だ」

 ラッシュフォードはEURO決勝イタリア戦でPK要員として投入されるも、ブカヨ・サカやジェイドン・サンチョと共に痛恨の失敗。PKスコア2-3で敗北となり、イングランド代表の55年ぶり主要タイトル獲得とはならなかった。ラッシュフォードはマンUでもPKキッカーを務めていて、2019年UEFAチャンピオンズリーグでのパリ・サンジェルマン戦では劇的逆転弾をゲット。5月に開催されたUEFAヨーロッパリーグ決勝ビジャレアル戦でも、PKを成功させていた。マンUオフィシャルサイトのインタビューに応じたスールシャールは、「PKをセットした時点で、その選手は勝者だ」とラッシュフォードを称えている。

「多くの選手は、PKを蹴りたくないと考えるもの。だからPKを受けてその結果に対処できるのは、気持ちが強い表れだ。ヒーローになるかも知れないし、ミスするかも知れない。それがサッカーだ。そこから学び、より強くなって戻ってくるんだ。私はこのクラブで、“もうPKを蹴らない”と言って倒れ込む人を見たことがない。マーカスは今後も、私たちのためにPKを蹴りたいと手を挙げてくれるだろう」。

Photo Stu Forster

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる