アルテタ監督が人種差別に遭うサカをサポート「罵倒に耐えられる個性がある」

 アーセナルのミケル・アルテタ監督は、人種差別被害に遭ったブカヨ・サカはどんな罵倒にも耐えられると語った。

イングランド代表選手が人種差別の被害に…ジョンソン英首相は怒りの声明「恥ずべき行為。彼らは英雄だ」

 サカはEURO2020決勝イタリア戦に出場すると、PK戦の5人目のキッカーを担当。左足で放ったシュートはGKジャンルイジ・ドンナルンマに防がれてしまいPKスコア2-3でイングランド代表は敗戦し、試合後にマーカス・ラッシュフォードやジェイドン・サンチョらと共にSNSで人種差別の被害に遭った。ガレス・サウスゲート代表監督やボリス・ジョンソン英首相、イングランドサッカー協会(FA)が差別反対の声を上げ、イギリス警察が発信者の調査を開始。アルテタはサカに関して問われ、「彼は大丈夫だ、世界中のサッカーファンから多くのサポートを受けている」と言及した。

「アーセナルだけでなくイングランド代表のファンからはもサポートを受けているし、彼が受けたような批判は評価するに値しない。彼は驚異的なシーズンを過ごした。みんな偉大な選手の一員になりたいと思うものだが、19歳の今日、この試合では勝つよりも失うものが不幸にして多かった。そのルールに例外はないことを知らなければならない。SNSで人種差別で最悪の状況に追い込むのを止めなければならない。今こそ強く訴えるときだ。法律がより強固なものなるのを願っている」。

Photo Michael Steele

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる