F・トーレスがアトレティコU-19監督に就任!クラブの未来を担う若手育成へ

 元スペイン代表でサガン鳥栖でプレーした経験を持つフェルナンド・トーレスは、アトレティコ・マドリードU-19監督に就任した。

トーレスの肉体改造計画が進行中!ジムで鍛えた筋肉隆々の上半身を披露

 37歳F・トーレスは2019年6月にサガン鳥栖で現役生活に終わりを告げ、1月にアトレティコのユースアカデミーに参加。ここ数ヶ月で指導者キャリアを深める勉強を行い、U-19チームの監督を務める運びとなった。アトレティのアイドルであるF・トーレスは自身をロールモデルとし、未来のスターを発掘する若手育成に着手。2020年9月からアトレティコでプランを立案しており、ルイス・アラゴネス、シメオネ、デル・ボスケ、ジョゼ・モウリーニョなど、現役時代に大きな影響を与えた指導者の戦術やフォーメーションを自身のスタイルに落とし込んでいく。将来トップチーム指導を目標に、まずはU-19チームでの結果を目指す。

Photo Ian MacNicol

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる