ペレス会長がレアルのレジェンドを批判⁉︎ 2006年辞任後の音声流出「カシージャスとラウールは2大詐欺師」

 レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長が、ラウール・ゴンザレスやイケル・カシージャスを批判する音声が流出した。

レアルがジダン監督退任を正式発表 ペレス会長「選手や監督として伝説」

 ペレス会長が成績不振によって第一次政権を終えた2006年頃、当時チームの中心選手だったカシージャスやラウールを快く思っておらず、両者を批判している音声が流出。『El Confidencial』に掲載された文では、「カシージャスにはレアルに相応しいGKではない。彼は私たちにとって大きな失敗だった、問題なのは、人々が彼を愛し、崇拝し、話し、擁護していることだ」とコメントしている。さらにラウールにも矛先が向いており、「カシージャスが最大の詐欺師であり、もう一人はラウールだ」と言及。批判は止まらず、「選手たちは非常に利己的で、彼らを頼りにできない。もし頼ったとしても、自分がミスした事となり、私を失望させるだろう」と選手全体にも及んでいる。

Photo Gonzalo Arroyo Moreno

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる