サッスオーロ、ロカテッリ移籍でリバプールMFにオファー提示へ

 サッスオーロはマヌエル・ロカテッリが退団した場合、リバプールのマルコ・グルイッチにオファーを検討している。

ロカテッリ獲得レースはアーセナル有利か サッスオーロCEOが認める「重要なオファーがあった」

 23歳ロカテッリはイタリア代表でEURO2020優勝を成し遂げ、今夏の移籍市場でビッグクラブの争奪戦が勃発。移籍金4000万ポンド(約54億円)ほどで、ユベントスやアーセナルが競っているようだ。サッスオーロはロカテッリが移籍した場合、後釜にグルイッチをピックアップ。サッスオーロはグルイッチを高く評価しており、スカウト担当のダビデ・カンジーニ氏はアタランタで仕事をしていた時からアプローチしていたと認めた。グルイッチは2016年からリバプールに所属しているが、プレミアリーグで通算10試合の出場のみ。市場価格は1300万ポンド(約20億円)程と評価され、現在はリバプールがオーストラリアで行っているプレシーズンに参加している。

Photo Michael Molzar

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる