古橋亨梧が海外初挑戦!ポステコグルー監督率いるセルティックに完全移籍

 ヴィッセル神戸の日本代表FW古橋亨梧は16日、セルティックに完全移籍が決定した。

セルティック、ポステコグルー新体制で白星スタート!指揮官はチームに変化を期待「望むサッカーを目指すなら…」

 古橋はセルティックと神戸がクラブ間合意に達した事により、スコットランドに地に渡ることが決定。神戸は公式サイトで、「このたび、FW古橋亨梧選手(26)のスコティッシュ・プレミアシップに所属するセルティックFCへの完全移籍について、クラブ間での基本合意に達しましたので、お知らせします。今後は現地でのメディカルチェック等を経て、正式契約が結ばれる予定です」と発表している。

 FC岐阜でプロキャリアをスタートさせた古橋は、2018年に神戸に移籍するとアンドレス・イニエスタと共にプレーし急成長。今シーズンのJリーグで20試合14ゴールを叩き出し、2019年には日本代表デビューを果たした。セルティックは新シーズンの挽回に向けて横浜Fマリノスからアンジュ・ポステコグルー監督を招聘していて、古橋はプレーをよく知る指揮官の下で躍進を誓う。

Photo Etsuo Hara

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる