UEFA、2025年までのCL&EL決勝開催地を発表 2年連続変更のイスタンブールは2023年の舞台に

 欧州サッカー連盟(UEFA)が16日、2025年までの欧州大会決勝の開催地を発表した。

CL決勝が2年連続ポルトガルに変更 新型コロナ感染者増加でトルコ開催が困難に

 2021年のUEFAチャンピオンズリーグ決勝地がイスタンブールからポルトに移転されたため、2023年決勝の舞台がイスタンブールのアタテュルク・オリンピック・スタジアムに決定。今年と来年の、CL、UEFAヨーロッパリーグ、UEFAヨーロッパカンファレンスリーグのグループステージ抽選会もイスタンブールで行われる。またこの措置により、2023年に予定していたミュンヘンは2025年に変更に。2022年の決勝地はロシアのサンクトペテルブルクで保持されている。一方、コロナウイルスの影響でEURO開催地を辞退したダブリンとビルバオは、両都市ともファイナルの舞台に割り当てられた。

UEFAファイナルの開催地

2021/22
CL サンクトペテルブルク
EL セビージャ(エスタディオ・サンチェス・ピスフアン)

2022/23
CL イスタンブール(アタテュルク・オリンピック・スタジアム)
EL ブダペスト

2023/24
CL ロンドン(ウェンブリー)
EL ダブリン

2024/25
CL ミュンヘン
EL ビルバオ(サンマメス)

Photo Lars Baron

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる