U-24日本代表、久保&堂安コンビで先制するも… 金メダル候補スペインに追い付かれ痛み分けのドロー

 キリンチャレンジカップ2021が17日に実施され、U-24日本代表がU-24スペイン代表と対戦した。

東京五輪に臨むU-24日本代表メンバー発表!久保建英、堂安律、冨安健洋らが順当に選出

 東京オリンピック前最後の壮行試合となった日本。ぺドリやダニ・オルモ、ダニ・セバジョスなど強力なメンバーを揃えた金メダル候補スペインに押し込まれる場面が目立つも、少ないチャンスをモノにする。42分に久保建英が左サイドを突破すると、左足でグラウンダーのクロスを供給。堂安律がペナルティエリア内から左足を振り抜き、値千金の先制点をもぎ取る。

 貴重なリードを得て試合を折り返した日本は、後半に入りスペインの猛反撃に遭う。GK大迫敬介を中心に間一髪のところで防いでいたものの、78分についに牙城が崩れる。途中出場ぺドリがスルーパスを送り、ファン・ミランダが左サイドからグラウンダーで折り返す。ハビ・プアドが左足で合わせると、ボールは右ポストに当たって吸い込まれ、痛恨の同点弾を献上。善戦した日本だったが、終盤に追い付かれスペインと1-1のドローに終わった。

Photo Masashi Hara

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる