シティやバイエルンがプッチに関心も…バルセロナは契約延長を希望

バルセロナは、U-21スペイン代表MFリキ・プッチとの新たな契約締結に奔走している。

21歳プッチは今シーズンいっぱいでバルサとの契約が満了となり、マンチェスター・シティやバイエルン・ミュンヘンが興味を示している。ただスペイン『fichajes』によると、バルサはプッチをフリーで失うことは避けたいと考えていて、新契約オファーを画策していると報道。引き続きカンプ・ノウでプレーする未来を期待しているようだ。

一方でロナルド・クーマン監督はプッチを今シーズンわずか4試合しか起用しておらず、出場時間確保のためにはさらなる改善を要求。「私は毎日改善のために働き、両手でチャンスを掴む選手が好きだ。クオリティだけの話ではない。監督がチャンスを与えるために行ったトレーニングで、十分でない選手もいるだろう」と言及している。

photo – David Ramos

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる