PSG、18歳X・シモンズ2戦連続弾もドロー… ナーゲルスマン新体制のバイエルンは逆転負け

 フレンドリーマッチが17日に行われ、パリ・サンジェルマンがフランス2部リーグ所属シャンブリーと対決。バイエルン・ミュンヘンがケルンの敵地に乗り込んだ。

過熱するボアテング獲得レース トッテナム優位もローマが追随

パリ・サンジェルマン vs シャンブリー
 マウロ・イカルディのPK弾で先制に成功したPSGは、57分にシャンブリーに追い付かれた7分後、17歳イシュマエル・ガルビがディフェンスラインの背後にスルーパスを供給。18歳シャビ・シモンズが抜け出し、右足で流し込んで勝ち越し弾を挙げる。このままPSGの勝利かに見えたが、終了間際に同点弾を献上。土壇場で失点し、2-2の引き分けに終わった。

ケルン vs バイエルン・ミュンヘン
 ユリアン・ナーゲルスマン新体制をスタートさせたバイエルンは開始6分に、18歳アルミンド・ジープがいきなり先制点をゲットする。しかしその後はケルンの猛攻に遭い、20分と27分に決められ逆転を許してしまう。バイエルンは34分にヨシュア・ザークジーが同点弾を挙げるものの、56分に三度ケルンに失点を喫して万事休す。最終スコア2-3で、ナーゲルスマン新体制一発目は黒星となった。

Photo Christian Kaspar-Bartke

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる