若手選手が躍動したマンU プレシーズン初戦でダービーに勝利

 プレシーズンマッチが18日に行われ、マンチェスター・ユナイテッドがダービー・カウンティと対戦した。

スールシャール、PK失敗のラッシュフォードへの信頼揺るがず「キッカーを務めた時点で勝者」

 昨シーズンはプレミアリーグ2位フィニッシュとなり、王政復古の兆しを見せたマンU。来月のリーグ開幕戦に向けて大事なプレシーズン初戦は、この時期ならではの若手選手の活躍が光る。19分にタヒト・チョンがペナルティエリア内でボールを奪取すると、GKを交わし左足で流し込み先制点をゲット。マンUが1点のリードを得て試合を折り返す。

 バカンス明けという事もあり動きの鈍さが現れたマンUだったものの、決定機を確実にモノにする。59分に昨シーズンにクラブ史上最年少で欧州大会デビューを果たした17歳ショラ・ショレティレが、裏のスペースにスルーパスを供給。19歳ファクンド・ペリストリが抜け出すと、GKを交わして追加点を挙げる。その後ダービーに1点を返されるが、最後までリードを守り切ったマンUが2-1でプレシーズン初戦を勝利で飾った。

Photo Nathan Stirk

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる