スールシャール監督、ウェストハム移籍囁かれるリンガードに言及「計画の一部」

 マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、ジェシー・リンガードは計画の一部だと主張した。

ウェストハム、今夏にリンガード完全移籍を熱望「出来ることは何でもする」

 2011年からマンUに所属するリンガードは、昨シーズンにウェストハム・ユナイテッドにレンタル移籍し大車輪の活躍を披露。今夏ウェストハムが完全移籍に向け熱心に動く中、プレシーズンマッチ後にスールシャール監督がリンガードの去就に言及した。「彼はポジティブな選手だ。マンUの選手であり、自分の居場所のために戦いたいと思っている。常に明るく自信を持っていて、エネルギーに満ち溢れているね。彼はまだ私の計画の中にいる。シーズン開始時にはマンUにいることを期待しているよ」。

 またスールシャール監督は、先日に契約合意に至ったボルシア・ドルトムントのジェイドン・サンチョについて問われ、「書類上の問題がいくつか問題が残ってるが、発表を願っている。事務処理が終わるまでは彼はまだドルトムントの選手だ」と言及。獲得間近と言われているレアル・マドリードのラファエル・ヴァランに関しては、「サンチョと同じだよ」と言うに留まった。

Photo Matthew Ashton – AMA

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる