バルセロナがR・サンチェス獲得を検討も…クラブ内部で意見が真っ二つに

 バルセロナはポルトガル代表レナト・サンチェス獲得を検討しているが、上層部で意見が分かれているようだ。

再脚光を浴びるR・サンチェス、リバプールやアーセナルが強い関心

 今夏セントラルMFの補強に努めるバルサは、リールで再脚光を浴びるサンチェスをピックアップ。サラリー総額の状況を整理して、条件が合えばオファーを考慮しているようだ。しかしクラブ内では、獲得に賛成派と反対派で分かれている模様。賛成派はリールで充実したシーズンを送り、今夏EURO2020でもポルトガル代表で活躍したサンチェスは、獲得する絶好のチャンスだと主張。一方で反対派は、以前プレーしていたバイエルン・ミュンヘンでそうだったように、競争力の激しいクラブではパフォーマンスレベルを下げる傾向にあると指摘した。レンタル移籍で契約する案も出ており、オファーまでに多くの議論が交わされている。

Photo Gualter Fatia

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる