トッテナムが20歳ヒル獲得を画策 ラメラ+移籍金で合意が近づく

 トッテナム・ホットスパーはU-24スペイン代表ブライアン・ヒルを狙い、エリック・ラメラとのトレードを画策している。

ラメラがプレミア年間最優秀ゴールを受賞!アーセナルとのダービーで絶技ラボーナ披露

 イタリア『Sky』によるとトッテナムはヒル獲得を目指し、セビージャにラメラ+移籍金2160万ポンド(約29億円)のオファーを提示する模様。ラメラはセビージャと3年契約を結ぶ予定で、8年過ごしたトッテナムを去ると報じた。20歳ヒルはU-24スペイン代表で東京オリンピックに参加し、先日のU-24日本代表戦にも出場。セビージャのユース出身のヒルは昨シーズン、乾貴士が所属していてエイバルにレンタル移籍して4ゴール4アシストを記録した。一方でラメラはトッテナムで250試合以上に出場し、昨季はアーセナル戦で決めた得点でプレミアリーグの『ゴール・オブ・ザ・シーズン』を受賞している。

Photo Soccrates Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる