リバプールMFが再びレンタルへ 昨季プレーしたポルトに期限付き移籍

 リバプールのセルビア代表マルコ・グルイッチは、ポルトに期限付き移籍が決定した。

サッスオーロ、ロカテッリ移籍でリバプールMFにオファー提示へ

 25歳グルイッチは昨シーズンにポルトにレンタル移籍を果たし、39試合に出場して2ゴールを記録。オーストリアのプレシーズントレーニングキャンプに参加していたグルイッチはポルトに合流する事となり、リバプールは声明で「私たち全員がマルコのクラブへの貢献に感謝し、彼の今後のキャリアに最善を尽くす事を願っている」と述べた。グルイッチはブレンダン・ロジャースの後任としてユルゲン・クロップ監督が獲得した最初の選手で、2016年1月にレッドスターからアンフィールドに到着。しかしレギュラー定着とはならず5年間で16試合の出場に留まり、カーディフやヘルタ・ベルリンなど複数クラブにレンタル移籍した。

Photo Julian Finney

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる