なぜ23歳以下が対象?オリンピック年齢制限はW杯が背景に

 1年の延期を経て、東京オリンピックがついに開幕した。男子サッカーもグループステージを控える中、なぜ対象年齢が23歳以下なのか。それにはサッカー界最高峰の大会FIFAワールドカップが背景にあった。

U-24日本代表、久保&堂安コンビで先制するも… 金メダル候補スペインに追い付かれ痛み分けのドロー

23歳以下が採用されたのは1992年から
 1900年のパリオリンピックから初めて競技に加わった男子サッカーは、1984年ロサンゼルス大会までアマチュア選手に限定されていた。しかしその後ルールが変更され、ワールドカップに出場した経験のない選手を選択できるように。これにはW杯の地位を維持することが背景にあり、1992年にはW杯出場経験の有無と条件が解除され、代わりに23歳以下に限定された。

オーバーエイジの選手は3人まで
 4年後の1996年アトランタ大会では年齢制限が改定され、参加国は3人まで23歳以上の選手を加えられるようになる。またコロナウイルスの影響で12ヶ月延期されたため、2020年大会では24歳以下が対象に。OA枠以外の選手は1997年1月1日以降に生まれた選手から選ばれる。ちなみに、1996年に初めて開催されて以来、女子サッカーは23歳以下のルールは適用されていない。

Photo Etsuo Hara

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる