遠藤航がシュツットガルト新キャプテンに就任! マタラッツォ監督「クラブの価値観を体現できる選手」

 シュツットガルトは新キャプテンに、日本代表MF遠藤航が就任したとアナウンスした。

なぜ23歳以下が対象?オリンピック年齢制限はW杯が背景に

 これまで主将を務めていたゴンサロ・カストロが、2020-21シーズンいっぱいでシュツットガルト退団を表明。後任が誰になるか囁かれる中、昨シーズン多くのファンを魅了した遠藤が腕章を巻くことに。ペッレグリーノ・マタラッツォ監督は、「みんなを引き連れ、クラブの価値観を体現し、模範となり他人にスペースを与え、常に責任を負う選手」と遠藤を選択した理由を語っている。一方でシュツットガルトは、加入して間もないクリス・ヒューリッヒがテストマッチで鎖骨を骨折。大規模な手術が求められ長期離脱となり、再びマーケットで選手探しを強いられている。

Photo Boris Streubel

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる