なでしこジャパンがGS敗退の危機…ホワイト弾でイギリスに完封負け

 24日に東京オリンピック女子サッカー1次リーググループE第2戦が行われ、日本代表がイギリス代表と激突した。

なでしこジャパンが初戦で大苦戦 岩渕真奈の終盤弾で辛くもドロー

 開幕戦は終盤の一撃で辛うじてドローに持ち込んだなでしこジャパン。今試合では前回からスタメンを5人入れ替え、フレッシュな布陣でイギリスに挑んだ。FIFAランクで上回るイギリスにボールを支配されるなでしこジャパンは、危険なエリアに進入される場面が散見。それでも決死の守備でイギリスのチャンスの芽を摘み、スコアレスで試合を折り返す。

 後半に入るとなでしこジャパンは、早い時間帯から交代策を敢行して流れを引き寄せようとするが、イギリスに一瞬の隙を突かれる。74分に右サイドからクロスが送られると、ニアサイドでエレン・ホワイトが反応。ヘディングシュートを打たれてGKの頭上を超えゴールに吸い込まれ、痛恨の失点を喫してしまう。その後は岩渕真奈を投入して猛反撃を仕掛けるが得点には至らず、なでしこジャパンが0-1で敗戦。次戦の結果次第でグループステージ敗退の危機に瀕している。

Photo Masashi Hara

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる