リンガードが開始3分弾挙げるも…マンU、4失点でQPRに逆転負け

 24日にプレシーズンマッチが開催され、マンチェスター・ユナイテッドがQPRと対戦した。

若手選手が躍動したマンU プレシーズン初戦でダービーに勝利

 同日にオーレ・グンナー・スールシャール監督が契約延長を果たしたマンUは、締結を祝うかのようにいきなり仕掛ける。開始3分に19歳ファクンド・ペリストリがワンタッチで前線に送ると、ジェシー・リンガードが反応。右足で流し込み、先制に成功する。ただ直後にQPRに攻め込まれ、ヘディングで失点を喫して1-1で試合を折り返す。

 追い付かれたマンUは後半に入りQPRの猛攻に遭う。53分にリンドン・ダイクスに逆転弾を決められると、5分後にモーゼス・オドゥバジョに追加点を献上。さらに1分後には再びダイクに失点を許してしまう。73分にアントニー・エランガが狙い澄ましたミドルシュートを沈めるものの、逆転には至らずマンUが2-4でQPRに敗北した。

Photo Chloe Knott – Danehouse

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる