トッテナムが20歳ヒル獲得! ラメラ+移籍金でトレード成立

 トッテナム・ホットスパーのエリック・ラメラと、セビージャのブライアン・ヒルのトレードが成立した。

トッテナムが20歳ヒル獲得を画策 ラメラ+移籍金で合意が近づく

 20歳ギルはトッテナムと5年契約を結び、ラメラと移籍金2160万ポンド(約32億円)を支払う事で合意。ヒルは東京オリンピック後に休暇期間を経てチームに合流する予定だ。昨シーズンのヒルはエイバルにレンタル移籍を果たし、乾貴士や武藤嘉紀と共にプレー。エイバルはラ・リーガ降格となったものの、4ゴール3アシストを記録した。一方ラメラは、2013年8月に当時クラブ史上最高額の3000万ポンド(約46億円)でトッテナムに加入。ケガで長期離脱する期間はあったが、公式戦257試合に出場して37得点を挙げ、昨季はアーセナル戦で決めた得点でプレミアリーグの『ゴール・オブ・ザ・シーズン』を受賞している。

Photo Aitor Alcalde Colomer

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる