ファーガソンでも見分けつかない⁉︎ ファビオ、双子の弟と間違えて怒られた過去を暴露

 元マンチェスター・ユナイテッドのファビオは、双子の弟ラファエルと間違えてサー・アレックス・ファーガソン監督に怒られた過去を回顧した。

アンデルソンは世界一の選手になれた⁉ 元マンU同僚が残念な食生活明かす「マックが好きじゃなければ…」

 31歳ファビオは2008年に弟ラファエルと共にフルミネンセからマンUのジュニアユースに加入すると、双子の物珍しさからオールド・トラフォードでカルト的な人気を誇る。そしてあまりにも似ていることから、クラブの選手やスタッフ、相手やファンからも間違えられていた模様。来週発売される自叙伝『the Sunshine Kids』の中でファビオは、ファーガソン監督にラファエルと間違えられて有名なヘアドライヤーを食らってしまったと明かしている。

「ドレッシングルームでファーギーが弟を怒ろうとした時、間違えて僕に言ってきたんだ。僕が無実を訴えると彼は一瞬で怒り出して…。でもドレッシングルームが静まり返って彼が間違いに気付き、“ああ、なんてこった!”って叫んで笑いに包まれたよ。確かに僕らがブラジルから来た時、見分けられる人は誰もいなかったね。練習では同じ人に“おはよう”って2回言われるんだ。弟とは仲良くていつも一緒にいた。ホテルでも一緒の部屋を使っていたからスタッフも困惑していたね」。

Photo Larry Busacca

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる