PSGがリールに完封負け…フランススーパー杯連覇が「8」で止まる

 1日にトロフェ・デ・シャンピオンが開催され、リーグ・アン王者リールとクープ・ドゥ・フランス王者パリ・サンジェルマンが対戦した。

リールが10年ぶり4度目のリーグ・アン優勝!最強の敵PSGとのデットヒートを制す

 昨シーズン最後までリーグで優勝争いを演じた両チームによる一戦。大会8連覇中のPSGはネイマールやキリアン・エムバペが休暇中、スタメンには新加入アシュラフ・ハキミが名を連ねた。一進一退の攻防が続く中、45分にリールのブラク・ユルマズが後方にボールを落とすと、ゼカがペナルティエリア手前の左から右足を振り抜く。矢の様に放たれたボールはゴール右に突き刺さり、PSGが1点ビハインドを背負う。

 追いかける立場となったPSGは、後半にハイプレスを仕掛けて猛反撃を開始。前半からハキミが多くのチャンスを創っていた右サイドがさらに活性化しリールを攻め立てる。新加入ジョルジニオ・ヴァイナルダムを投入してさらに攻勢を強めるPSGだったが、最後までネットを揺らすことなくタイムアップ。PSGが0-1でリールに敗れ、トロフェ・デ・シャンピオン連覇が「8」でストップした。

Photo Matthieu Mirville

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる