EUROで卒倒したエリクセン、心停止後初めてインテルの練習場を訪問

 デンマーク代表クリスティアン・エリクセンが心停止後初めてインテルの練習に合流した。

エリクセンはインテルでプレーを続けられるか… 来月イタリアでメディカルチェック実施

 エリクセンは6月12日に行われたEURO2020フィンランド戦で、心停止を起こしてピッチに卒倒。コペンハーゲンの病院で電子デバイス(ICD)を装着する手術を行い、6日間の入院の後に退院した。そしてエリクセンは今週インテルの練習場を訪れ、インテル取締役やスタッフ、チームメイト、シモーネ・インザーギ新監督と面会。インテルは声明で、エリクセンは現在とても健康的な状態にあると発表。今後は医師が提示した回復プログラムに従い、臨床的なフォローアップ調整を行いメディカルチームがエリクセンの状態を逐一報告していくと伝えた。またエリクセンがイタリアでプレーできるかは現在不明で、彼に復帰できても最低6ヶ月のリハビリが必要となる。

Photo Marco Luzzani

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる